BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

HK expressのオンラインチェックイン方法@羽田空港 方法まとめと注意

HongKong Express(香港エクスプレス)の専用カウンターは羽田には設置されておらず、出発の2時間半前からしかカウンターのチェックインができないため、これまでは長蛇の列に並ばなければなりませんでした。
昨年からオンラインチェックインが羽田発便にも利用できるようになったので、早速オンラインチェックインを羽田空港発便で利用しましたので方法と注意点をまとめておきます。(2018年3月利用時点)

目次

オンラインチェックインの方法

香港エクスプレスのWebサイト、またはモバイルアプリから利用できます。
表示される入力項目は、「氏名」や「予約番号」などの予約情報に加え、SMS・Emailなど、予約時に入力していない項目も求められます。

STEP1:必要情報を指示に従って入力
STEP2:すべての情報を入力後に、一度"Save(保存)”ボタンをクリック
STEP3:”Save”クリック後に、”Completed(完了)”ボタンがクリックできるようになるので、”完了”ボタンをクリック
STEP4:座席指定・食事・荷物などのオプションを希望する場合は選択(希望があれば)
STEP5:チェックイン最終確認画面とQRコードが表示され、チェックイン完了。「直接搭乗口へお越しください」と表示される

[注意点]
・「STEP1」の入力項目のうち、SMS・Emailは 「"いずれか”入力」と表示されますが、片方だけ入力しても先に進めないので、両方入力する必要があります。
・入力内容にエラーがあると、先の画面に進めませんが、「具体的に何がエラーか」は表示されないため、自分で解決する必要があります…
・一度「保存」ボタンをクリックして保存しない限り、「入力完了」のボタンが選択できないため、「保存」ボタンを押す必要があります。(が、その旨が記載されていない…)
・座席指定はすべての席で有料のため気を付けましょう

オンラインチェックイン後

セキュリティチェックとラウンジ利用
オンラインチェックイン後は、スマホの画面またはWebチェックイン画面(QRコード)を印刷したものを持っていけば、セキュリティチェックもそれを航空券の代わりとして認識してくれるので通れます。
オンラインチェックイン後に、チェックインカウンターに寄る必要はありません。
同じく、セキュリティチェック後のラウンジでも、スマホの画面を見せることで航空券確認をしてくれました。

[注意]チェックインカウンターには寄る必要はないが、搭乗口で紙の搭乗券に変えてもらう必要がある

先に書いた通り、オンラインチェックイン後に「直接搭乗口へお越しください」と表示され、チェックインカウンターには寄らずに搭乗口までたどり着くことができました。

しかし、アプリでのチェックイン画面だけではそのまま搭乗することはできませんでした…。

搭乗手続きが始まった後、搭乗手続きのカウンターでアプリの画面を表示し、紙の搭乗券を発券してもらわなければ搭乗できません。カウンターの方に声をかけて、アプリの画面を機械で読み取ってもらい、紙の搭乗券をその場で発行してもらいます。(搭乗用バーコードはアプリで発行されないため、アプリ画面ははじかれてしまいます)
[注意点]
・QRコードの読み取り機械の性能がそこまでよくないため、スマホの画面の照度を最大まで明るくして読み取ってもらう必要があります

まとめ

今回利用してみて、いつも長蛇の列の羽田の香港エクスプレスのチェックインカウンターに並ばなくてよくなったのはとても便利でした。
表記と仕様が一致していない箇所があるなど(例えば、「いずれか入力」が両方入力しないと進めない、エラーで先の画面に進めない場合に何がエラーか原因が表示されないので不明、など)不便さはあるものの、操作性はなかなかよかったです。
一度使い方がわかったらあとはスムーズだと思うので、またHKエクスプレスを利用する機会があれば使おうと思います。