BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

MOXY大阪本町・ゲストルームに宿泊しました@大阪:日本

2017年11月オープンのマリオットグループの新規ホテル:MOXY大阪本町に滞在しました。
マリオットのサイトで評価が2.5/5点と非常に低い(大体のホテルは4以上)ので、怖いもの見たさで気になっていました。
レビューを見ると、スタッフの対応の悪さが指摘されていることが理由のようなので、設備が新しいうちにとまっておこうと思い、予約しました。

■まとめ
・設備・備品・サービスは”ちょっといいゲストハウス”と同じくらい。持参する必要があるものが多いので注意が必要
・チャラい感じのデザイン。好みによるが、落ち着かないかも…
・ルームサービスなどもなくほぼすべてのサービスがセルフ
・混んでいなくても、チェックイン・チェックアウトに時間がかかるので注意が必要

目次

 


MOXYについて

Marriottグループのデザインホテルラインですが、MOXYブランドのホテルは2017年11月時点ではあまり数がないです。他にもNYのTimesSquareやミラノなどにあるようです。
MarriottやWestin、Sheraton等のホテルはもちろん、類似のポジションのAloftやFourPointsと比べてもいろいろ設備・備品がないものが多いです。
「Marriott/Spgのホテルに滞在する」ではなく「ゲストハウスに滞在する」時の持参品が必要です。

1Fのロビーは、こんな感じ。

f:id:blockblack:20180406013134j:plain

部屋の廊下はこんな感じ。かなり質素(?)、病院の廊下みたいで少し怖気づく。

f:id:blockblack:20180406013300j:plain

”なかったもの”の一覧

順番は、自分がほしかったもの順です。思いつく限り記載します。
1.バスタブ
シャワールームのみで、バスタブはなし。AloftロンドンとかPerthのFourPointsとかもシャワーのみでしたが、日本にあるホテルでそれなりの金額でバスタブがないところは初めてみました。
2.バスローブ・ナイトウェア
これは予期していませんでした…就寝時用の洋服がなく困ってしまいました。
過去50ホテルくらいSpg・Marriottのホテルに滞在していますが、AloftやFourPointsでもないところは見たことがないので驚きました。
3.Complimentもろもろ
何もないです。ミネラルウォーターもお茶・コーヒーもスナックなども一切何もなし。
室内での飲み物は自分で購入する必要があります。
4.電子ケトル、カップ、グラス
Complimentがなにもないことに付随して、上記も一切ありません。
薬や暖かい飲み物が飲めなくて困る。。
5.室内用スリッパ
6.冷蔵庫
これらもないところは初めてでした。
7.朝ごはん
なし。Complimentだけでなく、施設自体がないとのこと。

ゲストルーム

16㎡と、かなり狭い部屋です。ベッドはクィーンサイズ。

 

f:id:blockblack:20180406011814j:plain

ベッドの脇に、簡易な机と椅子があります。

f:id:blockblack:20180406012118j:plain

トイレ・洗面台はこんな感じです。全体的に、イメージカラーのピンクに統一されいます。

f:id:blockblack:20180406012246j:plain

バスタブはなく、シャワーの区画があるのみ。なぜか椅子が。シャンプー・コンディショナーは備え付けのもののみで、個別包装のものはありません。

f:id:blockblack:20180406012344j:plain

アメニティもピンクで統一。

f:id:blockblack:20180406012502j:plain

枕もとのインテリアがおしゃれです。不便だと思ったのは、多くのホテルにある集中管理の枕もとのスイッチはなく、入口のスイッチにいかないと電気が消せないことです。

f:id:blockblack:20180406012633j:plain

 

プラチナ会員向けWelcomeギフト

以下の3つから1つ選ぶ方式
・1Fバーのドリンク
・1Fバーのスナック
・Marriottポイント200pts

サービス

基本すべてのサービスがセルフです。
ルームサービスはなし。
ランドリーサービスもありませんが、コインランドリー・アイロンコーナーは集合であるので自分ですることではきます。
2万弱の宿泊費を考えると、備品もサービスもなさ過ぎて割高に感じます。

低評価の理由の”スタッフの対応の悪さ”は?

低評価レビューの多くの理由に、”スタッフの対応の悪さ”が記載されていました。
少し辛口にコメントするとすれば、ホテルスタッフというより、バーの店員のような要素が強く(実際、1Fのバー?と兼務のようだったので、そうなのかもしれません)、安めのバーと考えると悪くないと思いますが、ホテルスタッフと考えるとちょっと困るなと思いました。
ホテルのブランドイメージが若めのバー?のようなものでしたので、意図的にそういう配置にしているのかもしれません。Mariott会員の客層を考えると、タトゥーの入った、カラフルな髪のスタッフさんがギャルっぽい口調で接客してくると面食らってしまうかなと思いました。個人的には、ラグジュアリー扱いのホテルでもないので、それは別に気にしないのですが、チェックイン・チェックアウトに時間がかかるのが困りました。
待ち人数0人だったにも関わらず、チェックインに15分、チェックアウトに10分かかりました。他のMariottやSpgが1分もかからないことを考えると遅いと感じました。逆に、ほかのホテルがいかにスムーズに対応してくれていたのかを改めて考えさせられました。

宿泊料金は8千~2万円と振れ幅が大きいようです。おそらくもう利用することはないと思いますが、不思議な宿泊体験ができました。