BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

ピエールマルコリーニ銀座のチョコレートパフェ・苺のシーズンパフェを食べに行ってきました

2019年4月にピエール・マルコリーニ銀座にパフェを食べに行ってきました。

結婚式の引き出物で頂いたハーモニックのカタログギフトで「ピエール・マルコリーニ ペアご利用券」があったので、バレンタインの時期にデパートでよく見るもののそういえばカフェは行ったことがないな…と思い、こちらを選択しました。

 

■住所
東京都中央区銀座5-5-8

■アクセス
東京メトロ「銀座駅」から徒歩約5分

■外観

チョコレートの看板が路上に出ているので、すぐに分かります。

f:id:blockblack:20190506004114j:plain

店内の写真は、カフェエリアは狭い席にぎゅうぎゅうに人が入っているのでどこを撮っても人の映り込みを回避することができず、モザイクだらけの画像になってしまうので撮影は断念しました。

 

■パフェ

カフェチケットでは「シーズンパフェ」のペアですが、+100円でグランドメニューのチョコレートパフェやキャラメルパフェに変更できます。普通に頼むと、パフェは1つ1,728円です。

シーズンパフェ(現在の時期は苺と抹茶のパフェでした)とチョコレートパフェを一つずつ注文しました。

f:id:blockblack:20190506004343j:plain

チョコレートパフェは、チョコレートが濃厚で、さすが!という感じでしたが、シーズンパフェの方は苺と抹茶が合っておらず、味がごちゃごちゃ混ざってしまっていて完成度が低い感じでした。

 

■雰囲気

雰囲気は、正直あまり良くないです。カフェはかなり狭めの部屋に50cmほどの幅のテーブルとパイプの椅子が並んでおり、テーブル間隔も非常に狭く、ファストフード店のような座席です。天井が低く部屋が狭いため、周りの喋っている声が反響し相手の声が聞こえないため更に喋る声が大きくなり騒がしさが増す…という感じでした。
銀座のゆったりとしたカフェとは雰囲気が全く異なり、客層も観光客のような方が多く、大声で話したり赤ちゃんをソファに直に寝かせていたり、良い感じではありませんでした。狭い部屋で大人数が騒いでいる感じなので、その辺りの大衆居酒屋なんかよりももうるさいです。コーヒーでも飲みながらゆっくりしたかったのですが、あまりの煩さに耐えきれずにパフェを食べて10分ほどで退席しました。

カフェの雰囲気は以上のような感じで残念でしたが、1階のショップは落ち着いた雰囲気で買い物が楽しめます。バレンタインの催事場ではアソート商品のみのところが多いですが、ショコラ1粒単位で購入できます。ホットチョコレートなどの販売もあります。