BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

ドイツの大学に卒業証明書を提出するために認証翻訳を取得する

ドイツの大学に出願する際に、「日本語でしか発行されない証明書どうするか」の話です。

英語でのプログラムを提供する多くの大学では、卒業証明書・成績証明書は英語またはドイツ語のいずれかで記載されているものの提出が要求されています。

 

原本が英語・ドイツ語以外の場合は認証翻訳が必要

大学の成績証明書・卒業証明書は最初から英文のものが発行されるので問題ないのですが、私の卒業した高校は日本の田舎の高校なので証明書は日本語のみの発行しか対応していません。

ヨーロッパの他の国の大学では、翻訳業者の翻訳証明書を添付した翻訳でOKだったのですが、出願先がドイツの場合は「originalが英語かドイツ語以外の場合はドイツ政府が認証した翻訳人による認証翻訳」が必要です。

(翻訳証明書を発行してくれる翻訳業者を利用した際の話はこちら⇒

"Certified translation"対応 日本語記載の成績証明書・卒業証明書の英文への翻訳認証・アポスティーユ取得の備忘録 - BrainyRabbit's Blog

 

翻訳認証ができる業者は決まっている。日本国内は8法人のみ

認証翻訳ができる業者の一覧は下記ドイツ大使館のページに一覧になっています。

認証翻訳 - ドイツ外務省

日本国内で対応できる日<=>独の認証翻訳は、8法人のみ。HPがあるところも2社のみで、電話が繋がらないところもあったので、選択肢は少ないです。

 

本文1行でも費用は一万円。。。

認証翻訳は原本を送る必要があるため、見積もり⇒証明書原本を翻訳事務所に送付⇒認証翻訳をつきで返送の流れになります。

 

HPがあるところに依頼。見積りの際には2週間ほどかかるかもとのことでしたが、依頼原本を送付してから3日ほどで届きました。

「卒業しました」の旨以外固有名詞でほぼ訳すところなんてない高校の卒業証明書(日本語の50文字足らずの1枚ぺら)の翻訳だけで1万円ほどかかりました。高い。。

これくらいなら自分でも訳せるけど、制度だから仕方ないですね。。