BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

Peach便の上海浦東空港でのチェックイン方法・タイムラインまとめ

《2018年1月更新》

LCCのPEACHの上海浦東空港(PVG)でのチェックイン方法・時間感等をまとめています。

目次

 

ターミナル・チェックインカウンター

・ターミナル2
・チェックインカウンターは、日によって異なるので、フライト案内板でその日のチェックインカウンターを確認する必要があります。
・チェックインは出発時刻の2時間半前~50分前まで。

カウンターチェックイン以外の選択肢

なし。
・オンラインチェックインサービス(Web・アプリ)→なし
・セルフチェックイン機→なし
そもそもピーチは上海浦東空港には同様のシステムも機械自体も導入していないようなので、迷うこともなさそう。大阪発の国内便などでは対応しているようですが…
搭乗者全員がカウンターでのチェックインのため、チェックイン開始時間前から長蛇の列ができます。

優先レーン有無

なし。
・オンライン/セルフチェックイン、VIPマイラー制度、ビジネスクラス席等もないため、優先レーンもなし。
・預入荷物がない乗客用の優先レーン等もありません。
非常に混雑するため、慌てないためにも早めに空港についておいたほうが良いです。

参考までに、2018年1月搭乗時の時間感を載せておきます

タイムスケジュール

下記は、実際に2018年1月に自分が利用した時のタイムラインです。

【搭乗便】
上海浦東空港(PVG)発 羽田空港(HND)行き 1:25発
【時間】
23:00 空港地下鉄駅着→(徒歩でTerminal2まで移動)→
23:15 チェックインカウンターへ並ぶ→
00:00 チェックイン完了。45分待ち。
00:30 出国審査・セキュリティチェック完了。30分待ち。
(搭乗口の近くにはラウンジはなかったので、ラウンジへいく時間もなし。。)
0:55 搭乗開始。予定搭乗開始時間ちょうど。→
1:45 離陸→
4:55 羽田空港到着。到着予定の5:00より少し早めの到着。
※浦東空港では、LCCではないキャリアフラッグも深夜時間帯発のフライトを運行しているため、深夜の時間帯でも出国審査・セキュリティチェックが混んでいます。
特に出国審査は、0:00に審査カウンターの数を減らす(または、交代の時間で一時的に人が減る)ようなので、それより前に通ったほうが待ち時間が少なくて済みそうです。

ショップ等

深夜のため、今回の搭乗口のTerminal2-D80番台付近は大きな免税店1店舗以外はレストランもショップも全てクローズ。
LCCなので事前に飲み物を調達したかったのですが、付近に10台以上ある自販機はほぼ全て売切れ。2台程在庫がある自販機があったのでそこで飲み物を購入しました。価格は350mlサイズのミネラルウォーターが2元、500?mlサイズのコーラやオレンジジュースなどは6元。

搭乗まとめ

・深夜の時間帯でもチェックイン・出国審査等は非常に混み合い、徒歩での空港内の移動時間を含めると全部で2時間近くかかったので、Peachを利用する時は余裕をもって3時間前にはついておくほうが無難
・深夜はセキュリティチェック後のショップ等はほぼ空いていないため、自販機用に1元の小銭を数枚とっておく(ただし、自販機は売り切れも多い)