BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

TOEFL受験会場レビュー:TPSキャリアカレッジ八千代勝田台テストセンター(勝田台駅)

TPSキャリアカレッジ八千代勝田台テストセンターで2019年10月にTOEFLを受験してきました。

検索してもほとんど口コミが 出てこない会場ですが、他に関東圏で空きがなかったので予約。

 

備忘のため、受験会場の設備などをまとめておきます。

 

■総括

過去、数会場で受験しましたが、断トツのワースト1の環境でした。

全体として設備が貧弱で騒音配慮もないので、極力避けた方が良い会場だと思います。

もしここで受験するのであれば、受験者間のパーテーションもイヤーマフもないため、耳栓持参必須です。

 

■アクセス

駅からのアクセスは〇。都内からは1時間ほどかかるのが難点。

東葉勝田台・勝田台駅から徒歩5分

→道なりなので迷わずにいけました。1Fはピザハットで、大きな看板が出ているのですぐにわかります。

 

■試験部屋

部屋環境は×。

・試験部屋は1つのみで、40人ほどが1部屋で受験

・2人掛けの机が1列に2台、10列ほどで、全員が同じ方向を向く形で座る。よくある中小企業の会議室といった感じの部屋。正面に時計あり

・2人掛けの机の間に小さめのプラ板の仕切りあり。が、机の上にA4ファイルより少し大きいサイズのプラ板が置かれているだけなので、自分の画面を見ると隣の画面も見えてしまう感じ。逆サイドの2人掛けの机との間には仕切り版さえないので、こちらも画面が見える環境。更に、全員が同じ方向を向いており席が近いので、前の人のPC画面も丸見え。。

・受付が1箇所しかないため、部屋への案内がかなりゆっくりおこなわれていた。10時スタートの試験で、9:30-11:00の時間帯は常に新しい受験者への案内が行われているため、人の動きで気が散るタイプの人には厳しい環境

・TOEFL受験会場レビューに他の方も書かれている通り、席案内のスタッフが受験室内で一人一人に声を張って休憩ルールなどを長めに説明するので、最初の1時間半は常に通常トーンでの日本語の話声が聞こえてくる環境

・他の会場ではカメラでのモニターだが、ここは人間での監視。高校の構内テストよろしく、試験監督官2名が試験中は通路を巡回(狭い部屋だが)

 

■受験設備

受験用設備も×。

・受験は大きめのノートPC+ヘッドセット。ヘッドセットはサイズ調節可能。自分の席はマイクの感度が悪く、大きめの声で話しても手で口元に抑えないと”OK”水準のボリュームに到達しませんでした。

イヤーマフなし。人の出入りが激しく、先述の通り他の受験会場に比べて教室がかなり五月蠅いので耳栓の持参必須。自分は持参していたので良かったですが、持ってきていない人は気の毒でした

・パーテーションはないようなものなので、スピーキングの声もかなり聞こえる

 

■持ち込み

卓上への持ち込みは耳栓のみ可。別会場では許可されている目薬、中身を出したティッシュなども不可

・他会場とでは荷物はロッカーに預けるが、ここでは預けずに自分の机の下でキープ。休憩中に飲食物のみ持ち出し可

 

■受験室外の設備

・トイレは男女共用で3か所のみ

・リスニング終了後の休憩時間中は、待合室はクローズされているので休憩場所がトイレと受験室をつなぐ廊下のみ。椅子は5席ほど出されていた

・受験室案内までの待合室は15席ほど。こちらは休憩時間にはクローズされ入れないようになる

 

■その他

・受付締め切りは厳しめ。30分前を過ぎて到着した受験者は受付を断られていました。