BrainyRabbit's Blog

趣味の旅行や日頃気になったこと、ときどき仕事について気ままに更新しています。

BINGOとリンツと自然と。@アンドラ・ラ・ベリャ:アンドラ

前記事のあと、グエル公園など定番スポットに足を伸ばす気でいたのですが、サグラダ・ファミリアにがっかりしてしまい、ほかの観光地を回る気がおきなかったので、予定を変更してアンドラへ行くことにしました。
(同時期に別で観光した友人からの情報によると、郊外には「ガウディの関与した建築部分までで増築をストップし、手を加えない」ことにコミットしている教会などがあるそうです。そちらは素晴らしかったと聞いたので、また別の機会に行ってみたいと思います)

アンドラの行き方
バルセロナ市内のバスターミナル(Estación de autobuses Barcelona Nord)から1時間ちょっとでいけます。Estación de autobuses Barcelona Nordへは、地下鉄のMarina駅から徒歩で移動。他にもアンドラ行きのバスターミナルはあるらしいですが、こちらのほうが情報が手に入りやすかったので。
写真は、チケット売り場。

f:id:blockblack:20171005232807j:plain

ここでも、標識はやはりカタルーニャ語優先です。

f:id:blockblack:20171005232917j:plain

比較的きれいなバスなので乗り心地良好。
平日の昼間だったからか、自分たちグループ以外は数人しか乗っていませんでした。
パスポートを準備していましたが、特にチェックもスタンプもなくすんなり入国できてしまいました。

アンドラの魅力は?
自然が多く治安の良いアンドラですが、旅行者にとっては”税金の安さ”がポイントでしょう。
以前は完全無税だったのですが、2017年5月現在、消費税4%が課せられます。
(いくつかのブログは最近の日付で無関税と記載していますが、誤り。)
それでも他のEU諸国に比べ物価も税金も安いので、買い物に毎週末大量のスペイン・フランス居住者がおしかける構図になっています。
ブランド店が多いときいていましたが、ハイブランドというよりはもう一ランク低いブランドがより多く出店しているイメージ。

f:id:blockblack:20171005233138j:plain

あとは、観光客が多いので英語が伝わるスタッフが多いのが助かりますね。たまに中国語でも話しかけられました。
物価+税金が安いので、お土産はここで買いました。
空港土産の定番、リンツの金ウサギちゃん、ミニサイズ5羽入りで1.2EURです。日本だと同じ額で1羽も買えませんね…

■ホテル
お気に入りのSpgはもちろん、有名な外資のラグジュアリーホテルは2017年10月時点で1軒もありません。

f:id:blockblack:20171005233032j:plain
個人経営のホテルが市街地に数軒あります。今回泊まったのはHOTEL PITIUSAというところ。
とても感じが良いオーナーのおじさんがいろいろと案内してくれました。

 

■BINGO

f:id:blockblack:20171005233228j:plain
ビンゴです。アンドラにカジノはありませんが、BINGOは数件あります。夕方の地元の方々の娯楽になっているそう。BINGOの中は撮影禁止なので外観だけですが、今回は中心地から近いBINGO STARに行ってきました。
音声でカタルーニャ語スペイン語の順で番号が呼ばれます、英語はなし。BINGO用紙は紙か電子か選べますが、聞き取りに自信がなかったので電子にしました。電子Lottalyは勝手に呼ばれた番号を変色してくれるので、その画面をあとは見つめるだけ。
スペイン語は数詞くらいはわかりますが、非常に早いのでついていけず…
「揃った形」×「掛け金」で賞金が決まるシステムでした。
クレジットカードでの入金も可能。(ホールスタッフが対応してくれます)
ビギナーズラックだったのか、1度大きな当たりをしてその後もちょくちょく当たったので、結果、見事30倍になりました。
換金時のおじさまの視線が痛かった。

■まとめ
バルセロナから1時間ちょっとで行け、物価も安く治安も良い、自然が豊富な素敵な街でした。
バルセロナに行く際は、是非訪問することをおすすめします。

f:id:blockblack:20171005233326j:plain